A片无码免费视频在线观看,无码中文字幕乱在线观看,A片在线永久免费观看

<optgroup id="baorm"><em id="baorm"></em></optgroup>

<track id="baorm"></track>
      1. 亜連高科は、燃料電池用水素の要件を満たす天然ガスから水素製造変換觸媒の研究に成功した

            2020年11月27日に、亜連高科の天然ガスから水素を製造する変換觸媒の研究開発チームは、「溫度範囲が広い、クロムのない、水や気変換觸媒研究開発」という項目に対して、課題終了報告を行いました。會社の管理人員と技術専門家は、課題チームのこの觸媒の研究開発に対する過程と成果について報告を受けました。8年間の努力で、この觸媒の各指標は設定値に達成したり、超えたり、円満に成功を取得されることが合意されました、検収を與えます。

             今、この觸媒ALGC?T1865が、ある天然ガスから水素製造一體化ステーションに使用は開始しました。高溫転化気の出口の熱交換工程を高度に集成し、熱交換するとともに変換して水素を製造し、天然ガスの消耗は最小限にして、少量の蒸気を生成し、さらに生成させない。中溫度変化入口の溫度は220℃まで低くでき、輸出ガス中にCOの含有量は0.5 v/v%以下で、水素の転化効率は2~3%向上させます。この溫度範囲が広い、クロムのない、環境に優しくて、中?低溫変換觸媒ALGC-T 1865は下記の利點があります:

        1、 アクティブ溫度が低く、活性が高く、市場で使用されている鉄?クロム系の中溫度変化觸媒より優れていた。

        2、 耐熱性と耐水性がよい、220~450℃の広い溫度範囲に適用します。

        3、 觸媒の生産過程における、硫黃を含まない物質を採用して、觸媒を使用する時、従來の中溫度変化觸媒のように、硫黃の放出による製品の水素中に硫黃があることが発生しません。

        4、 觸媒の製造過程にクロムがありません。

             新型の変換觸媒ALGC-T 1865は、4年間の実験室にの研究開発、2年間の改良、2年間のサイドストリームの実験を経て、ついに決まった形になって工業化生産に入り、伝統的な中溫度変化觸媒の使用過程における、硫黃放出による規準を超えた現象を解決しました。燃料電池分野で最適な水素の出所であると同時に、觸媒ALGC?T1865には重金屬クロムが含まれておらず、環境に優しいので、海外ハイエンド市場への使用が便利です。


        必要なものは

        アフターサービス部署に連絡してください

        もしかしたら、専門的なサービスを必要としているかもしれませんので、ぜひお電話ください。

        028-6259 0095

        業務提攜

        あなたの需要は、私たちの最大の前進の勢いです。

        028-6259 0080

        招待されたアクセス

        メタノール→水素、天然ガス→水素、PSA→水素

        の詳細はこちらをご覧ください
        A片无码免费视频在线观看,无码中文字幕乱在线观看,A片在线永久免费观看